IKEMENIST

(左)IKEMENISTの浦杉智惠さんと(右)私 アートギャラリー風家

個展開催初日

2016年2月20日土曜日は、大荒れになるとの天気予報。自宅から京都の東山までは、約3時間の道のりです。5時25分の始発にのり、京都をめざします。朝は異常に気温が高く、雨も降っていなかったので予想以上にスムーズに移動できました。途中、雨が降り出しきましたが、小雨でついていました。誰よりも早く現場につき、一安心。近くの安井金毘羅宮へお参りしてみんなの到着を待ちました。9時に作品が到着し、11時廻廊に向けて数時間で展示を行うという荒業は、正直相当焦りました。

イケメンゴリラIKEMENISTの浦杉智惠作のイケメンゴリラとお母様の籐で作った額

制作時間を優先するため、アートギャラリーの下見もせず、当日ぶっつけ本番、現場合わせの展示。最初にこちらの作品の場所が決まったので、あとはバランスをとりながらの展示となりました。11時ギリギリにすべて展示できたのは奇跡でした。

時間は有限


籐籠
お母様も籐の籠を制作して展示して娘の個展を応援。 親子で展覧会を開催できるって素敵ですね。

個展を開くと決めてから1か月で作品を作り、お客様を迎える。約2時間で展示会場を作り上げる。短時間で走り抜けたからこそ実現できたのかもしれません。また、ゴールが決まっているからその中で最大限のパフォーマンスを出せるし、想像以上のものが出来上がる。時間は有限で大切にしたいし、時間内に仕上げる緊張感と集中力がたまらなく楽しかったです。

起こったことをフューチャーマップに書いてみた!

全脳思考

2月28日にフューチャーマップを描く

そこで、この現実をフューチャーマップに落とし込んでみたら、新しい発見があるのでは?と思いついたので描いてみました。3週間後にも、すごいギフトがやってきそうな予感がします。

試作は、突っ込みどころ満載で、、、

1月19日、最初に作った案内状の試作品はこんな感じ(①プロトタイプ)でスタートしました。なんどもやり取りし、意見をぶつけて比較検討して最終案に決定し制作しました。(②ご要望を盛る)ゴールを決めてから行動するとスムーズに行動できます。1月22日に案内状のデザインを完成させました。(③完成品)案内状ができたことで、個展に向けて作品を作りに没頭できたのだとおもいます。この時点で、個展開催1か月前です。

個展の案内状

②ご要望は、作品はモノクロ、オレンジ色をアクセントカラーに/IKEMENISTのロゴは手書きでなど、、、。
③作品の良さを引き出すためカラーにすることをご提案させていただきました。

「浦杉智惠」イケメニスト 個展案内ハガキ

 

IKEMENISTの浦杉智惠作さん個展案内ハガキ制作/両面カラー200枚を制作させていただきました。ポストカードの制作ご依頼も受け付けています。お気軽にお問い合わせください。随時ご依頼も承っています。

つづく